スパロボRの斬新さと設定

f:id:newnt:20210115175326j:plain

スーパーロボット大戦シリーズには、通称携帯機シリーズというカテゴリーがあります。

その中でも設定が斬新なのがスパロボRで、GBA専用ソフトで発売された。

ストーリーは、逆襲のシャアと劇場版ナデシコが同時に存在する世界で、主人公がテスト飛行を行っていた際、時空移動して過去にタイムスリップするという話。

主人公がテスト飛行をしていた世界は終焉を迎えることが決定していて、その未来を変えるために時間を操る存在と戦うというストーリー。

戦闘アニメはGBAシリーズ初期の作品のため、あまりロボットは動かない。しかしアップテンポな主題歌アレンジBGMはノリがよく、スピード感がある。

ガンダムXのサテライトキャノンを使用するためにマップ開始から5ターン必要など真新しいシステムも加えられた。

ユニットの間の戦闘力にはなかなか開きがあり、火力がないユニットは倉庫番になりがちだが、修理や補給装置を装備しているので意外と使えるキャラもいる。

隠し機体がなかなか通好みで、ガンダムMK-Ⅲなどもいる。フォウ生存ルートやプル生存ルートもあり、作品を超えてのクロスオーバーもよく練ってある。

難易度は携帯機シリーズ全体とあまり変わらず、簡単でも難しくもなく普通となっている。ストーリー重視の人にはいいが、高難易度がいい人にはスパロボFシリーズやAポータブル、アルファシリーズなどがいいと思う。

機動戦艦ナデシコはこの作品からダイコウジガイが当たり前に自軍にいる。何を言っているかわからない人はナデシコ本編を見れば理由がわかる。

総評として、作品の間のクロスオーバーが好きな人にはお勧めできるといえます。各登場作品の主人公ロボットが活躍するのが楽しい方はさらに楽しめると思います。

 

スパロボZの思い出

f:id:newnt:20210114175650j:plain

皆さんはスーパーロボット大戦Zシリーズをご存じでしょうか。

無印から1作、第二次、第三次から2作ずつ発売されました。

無印の思い出といえば、エウレカセブンアクエリオンなど新規参戦作品の数が半端じゃなく、

キングゲイナーのような変わり種、おなじみの旧作までいて、2000年代ロボットアニメファンが望む作品が集まったといっていいと思える内容だった。 

特筆する点は多元世界という試み。超時空世紀オーガスを中心とした、特異点をめぐるストーリー。

異世界から集まった登場人物たちが、元の世界に戻る方法を探しながら敵対勢力との戦闘を繰り返す、最近のスパロボのスタンダードといえる内容。

スキルシステムも完成されていて、自分の育てたエースパイロットに様々なスキル付与や、パラメータ成長を行うことでどんな機体でも無双できる。

戦闘アニメーションはとどめ演出や合体攻撃があって見ごたえがある。スパロボが最新作をリリースするたびに毎回引き継がれ、派手な演出になる基になった。

マジンガーやゲッターシリーズが登場したスパロボでは事実上最終作といっても過言ではなく、旧シリーズが好きな方は最近のスパロボが物足りない原因ではあると思う。

オリジナルのボスが一筋縄ではいかないのもこのシリーズからで、Zシリーズ以前は世界のバランスを保つためとか、あるいは野望の為だったが、Zのオリジナル敵は個性派ぞろい。印象的なボスが多い。

スパロボZの問題はPS2ソフトという点。過去作を知らない人や久しぶりにもう一度やるかという人が気軽にできない。

できれば今活躍しているゲーム機で遊べる気軽さが欲しい。PS2ゲームとはいえ今やっても面白いゲームなので、動画でもいいのでぜひ触れてみてほしいです。

スパロボDD 直感や集中の運用法

運動性が高くても、敵のボスが攻撃をギリギリ当ててくる場合がある。
f:id:newnt:20210113164735j:plain
回避率調整に最適なのが直感や集中。それぞれ15~20%ほど回避率が1アクション増加する。
ガシャで確定以外でSSRが当たる確率が3%なので、たまに敵の攻撃が当たるのは現実的なこと。
直感や集中の主な使い方は、自軍の回避率及び命中率が低い、気力が上がっていない状態をしのぐ場面が多い。
気力が低いと、すべてのパラメータが最大まで上がらないので、回避率が本来の数値にならない。
集中で気力が上がるまで耐えて、脱力で敵ボスと気力に差をつけて戦闘すると、結果として自分の回避率が高くなる。
そのほかの例では、気力〇%で回避率上昇のアビリティの条件を満たすまでのつなぎなどが考えられる。
家庭用スパロボで直感といえば、ひらめきと必中が同時にかかることで有名。
便利だけど、必中だけ使いたい時とひらめきだけ使いたいときに不便で、
消費SPが高く使いこなすには慣れが必要な精神コマンドだった。
よく似た精神コマンドに神速などがあるが、集中や直感は使用可能回数が多く、オーソドックスな命中回避が上昇のため、
高難度クエストで、命中回避が足りない場面をしのいでくれる頼りになる精神コマンドといえます。

スパロボDD 新規参戦の行方

f:id:newnt:20210112172342j:plain
ウイングガンダムゼロリベリオンのオーブ(コードギアスとのコラボ)
スパロボDDでは、ガンダムWエンドレスワルツから2体が使える。
ウイングゼロとデスサイズヘルだが、ガンダムWの他の3体と3人はシナリオでこちらの世界には来ていないと明言されている。
ヘビア、サンド、ナタクは合流してもしなくても不思議でない雰囲気。
そろそろ新規参戦作品が増える時期だとおもうので、
参戦済み作品からどのくらい新規機体がくるか予想できない。
去年の終盤に、ジャスティスガンダムが新規参戦したが、ジャスティスほどの、主人公ではないキャラがあまりいない。
今年の中盤ぐらいに新規参戦作品がいくつか来ると個人的に予想している。
今参戦している機体だけではそのうち必殺技のネタが尽きるというのと、新規作品を定期的に追加しないと、
オーブの種類や入手しやすさに大きな差が開いてしまう。
このゲームはオーブが重要なので、入手が遅れてしまう、後発作品が相対的に弱くなってしまう。
後から参戦した機体が弱くならないように何らかの工夫が行われるのは間違いない。(イベントでオーブを配るなど)
参戦作品は何が来てもかまわないけど、オーブの問題だけは何とかしてもらって、どのキャラも使い道のある環境にしてほしいところです。

スパロボDD レイズナー後継機

スパロボDDのレイズナーは、待望されていた気力下げ必殺技ブルーコンビネーションで一時代を築いた機体です。
ブルーコンビネーションの戦闘アニメで「急所を外して…」というセリフがあるけど、エイジはコクピットを狙えない性格。(番組後半ではケンシロウと化す)
f:id:newnt:20210111184839j:plain
今後レイズナーの乗り換えがあるかが不明で、スパロボのみの幻の機体、レイズナーmk2が参戦するか気になっている。
新スーパーロボット大戦スパロボJに隠し機体として参戦していて、
切り札のV-MAXがV-MAXIMUMになっている。
アニメではザカールとの最終戦では、エイジは強化されたニューレイズナーを使っている。
実はこのニューレイズナー、ほぼ地球人が作っていて、番組前半のレイズナーとは全く別物といっていい。
スパロボJではパワー強化と拡張性強化の2択で、ニューレイズナーとmk2に分岐する。
mk2は正に80年代ロボットという見た目をしている。
80年代ロボはだいたい変形できて、スマートなプロポーションをしている。
ニューレイズナーでもmk2でも構わないので、インフレに巻き込まれているレイズナーの強化に期待したい。

スパロボDD R、SRの強力なパーツ

SSRのユニットパーツがあると、そちらを優先して装備することが多いけど、
RやSRでも使えるパーツは以外とあります。
サービス開始前後に追加されたパーツは、射程距離が低かったり、使用可能ターン数が遅かったりする。
ボスと戦うときに、必殺技が使用可能ターンに達していなくて、仕方なく通常攻撃は良くあるパターン。
RやSRの強みは特性を5にしやすく、使用ターンが短いこと。
具体例で、ヴァルヴレイブⅠ(ハルト)のハラキリブレードがあるが、特性0だと使用可能ターン4、射程距離1と微妙な性能。
f:id:newnt:20210110171536j:plain
Rのメテオールプレートは特性5で射程距離2、使用ターン3と威力以外が上回っている。
スコープドッグのマルチプルコンバットも、Rのミサイルのほうが使いやすい印象がある。(特性0と5の場合)
使っている機体のSSRを3種類持っていなければ、必然的にRやSRを使うことになるけど、
予想外に強いもの、属性が違うものもあるので、ステージの適性を考えて組み合わせたいところです。

スパロボDD ダイナマイトキックS

f:id:newnt:20210109190040j:plain
鋼鉄ジーグのダイナマイトキックSは、現在ジーグ最強の必殺技パーツ。
戦闘アニメでナックルボンバーを使っている。ダイナマイトキックなのに?
スパロボDD特有の乱舞及びコンボ攻撃。
ダイナマイトキックSの強みは、ジーグの微妙だった他の必殺技パーツを再び輝かせたこと。
しかしジーグブリーカーは射程1なのでどうしても使いずらい。初期パーツのバランス調整もお願いしたい。
マッハドリルはコンボ技になったらどんな攻撃とコンボになるだろうか。
最近実装されたカイザーブレードも光子力ビームとのコンボ技だったりする。
個人的に一番見たいコンボ技は、ジェネシックガオガイガーのガジェットツールのコンボ。
パルパレーパもドン引きするぐらいのオーバーダメージコンボを見せてほしい。
家庭用スパロボでのコンボといえばおなじみのダイナミックコンビネーション。
DDにはマジンガーゲッターデビルマンまでいるのだから今後に期待。
ダブルバーニングファイヤーは最近のスパロボではあまりないので、またスパロボDDで戦闘のプロ鉄也と兜でコンビを組んでほしい。